• Grey Instagram Icon
  • Grey Vimeo Icon
  • Grey Twitter Icon
  • Grey Facebook Icon
  • Onohana

個展『泡とねばり、とうきょう』


個展のフライヤーが完成しました。

制作は、盛岡のデザイン事務所 homesickdesign さんにお願いしました。

私の脳内をそのまま表していただいたかのような感じ。

文字列は崩れ、風景が縦横無尽に変移して、

しかし思考する言葉も然として並ぶ、シンプルな無秩序次元です。

素敵なフライヤーを作っていただき、本当にありがとうございました。


日程 : 2017年6月30日(金)〜7月12日(水)  木曜休廊

開場 : 12:00 〜 20:00

会場 : 新宿眼科画廊  〒160-0022 東京都新宿区新宿5-18-11

現在小野は、「東京」をモチーフに

抽象風景アニメーションを作っているわけですが、

今回の展示は、その完成映像の上映会としてではなく、

「抽象風景のメタモルフォーゼという思考」を鑑賞者と共有し、

新たな風景に飛んでいこう、散歩しよう、旅をしよう。

そして、「東京ってなんだ」ということを、

印象や歴史や経済や時間軸を飛び越えて、再認識しようとするものです。

この展示を経て、いずれは1本のアニメーションビデオとして完成させます。

会場では、イメージボードやドローイングの展示と販売と、

もちろんグッズも並べますし、

また、参加型の壁を用意する予定です。

今回の展示では、過去作の上映は行いません。

現在取り組んでいる抽象風景アニメーションの制作経過を、

コンセプト的に展開するものです。

新しいドローイングと新しい作画断片を、ぜひ観にいらしてください。

(参考程度に昔のドローイングも少し並べるかも。視点が変わってると思うので。)

-

アニメーション制作を始めて約5年、

「作画は思考だが、完成させて人に見せる頃にはその思考は終わっている。」

と、常日頃感じてきました。

ビデオになってしまった映像は、形もないのにもう変えられない。

鑑賞者とのコミュニケーションは一方的で、イメージの交流がない。

その物足りなさを、

今回どうにか打開してみたいと思って企画したものです。

風景を流動させる思考を、共有したい。

宇宙も時空も、身体も視野も飛び越えたい。

このスケールで人と一緒に旅をする体験を、アニメーションで実現したい。

そして逆説的に、現在に、人に、生命に触れたいと思っています。

-

お待ちしています!


98回の閲覧