• Onohana

In A Mere Metamorphosis トレイラー公開

2017年から取り組み、

今年の3月の黄金町での展示にて

いったん完成版を公開をした

『In A Mere Metamorphosis』の

トレイラーを公開しました。


メニューの Film works よりご覧いただけます。



展示時は、コロナの感染対策のためと思い、

同時刻帯に来場者が集中しないよう

プログラム制を取りやめ、

一人一人がどんな時間に来ても

映像の冒頭からフルで視聴ができるように

一人用の視聴装置を用意して展示していました。


その装置はレンズ越しで見る仕様になっていて、

大きな虫眼鏡越しの映像は四隅が湾曲しており、

見る人の体が揺れるたびに、レンズの画角もズレて

映像の歪みも揺れ動くようになっていました。



その「自ら覗き込む」「偶発的に歪む」というスタイルが、

よりこの作品の意図に沿っていると感じましたが、

映画祭やシアターなどでの視聴では

この装置を設置することもむずかしいし、

また感染症対策のためには

不特定多数が顔を近づけるような装置は適さない

作者チームで直接、つきっきりで管理しない限り難しい

というような問題もあって、

すんなりいかず、

ぼーっと考えていました。


シアターなどの完全受動的な視聴環境でも

どうにか同じ演出効果が得られるようにならないかと。


ぼーっと考えていたら、

つい最近になって、

水面越しに再撮影する形で十分だ

という決意?が固まり、

ふと思い立って再撮影した更新版が、

本日あげたトレイラーです。



ずいぶん時間がかかったけど、

2017年に作り始めた時にやりたかったことは

ひとまずこれで全部形にできたかな、と思います。


作り始めた当初は、

こういう形で東京オリンピックが無くなるとは

想像していなかったなぁ。


「そのままあり続けると思っていること自体が儚く危うい」

という副題みたいなものは最初から感じていたけれども、

ここまで時世がうねるとは。



新千歳空港国際アニメーション映画祭の、

ショウケースでの上映が決りました。 ネット上で鑑賞できるようにしてもらえる予定です。 ほか、来春から夏にかけて、3件の展示が控えています。 現在鋭意制作中です。 生活面での近況としては、

最近トランポリンを趣味にしました。

トランポリン教室も行ってみたし、

家用のトランポリンも買いました。

ウォールトランポリンとか、宙返りとかに憧れていますが、 それらが遥か彼方の次元の話であることは 先日の体験トランポリン教室(たったの1時間)での

へっぽこぺこぺこな習得率と、

その後3日間も続いたバキバキの筋肉痛により

一寸の曇りもなく、清々しいほどに思い知った所存です。 ちょっとずつやろう。



先の記事に書いた放送大学での勉強は、

気が向いた時にまとめてがっと読み込んでいる感じです。

好きな間合いで学べるのは性に合ってるなと感じながら、

前期がわりと良い成績だったので、 調子に乗って、後期は前期よりも2科目多く、

しかも論理的思考だけでは解けない

歴史系の科目ばかりを申請しました。

さて全ての単位をちゃんと取れるのでしょうか。 せっかくなのでA〜A丸は取りたいものですが果たして。



最近は、そんな感じです。


0回の閲覧

最新記事

すべて表示

近況(放送大学で真面目に学んでみることにした)

今年度から、放送大学で心理学学んでます。 全科履修生、2年編入です。 コロナの気配がする前に入学申請して、 新年度始まる頃にはすっかりステイホームでしたが、 それでも元々放送大学はオンラインが主体なので、 何の影響もなく新学期を迎え、 申請したすべての講義を受講でき(面接授業はいきなりは取らなかった)、 いま中間試験の提出期間なんですが、 もともと郵送で答案を提出するものなので何の混乱もなく。 期

  • Grey Instagram Icon
  • Grey Vimeo Icon
  • Grey Twitter Icon
  • Grey Facebook Icon